サイトマップ
安否確認
資料のご請求
安否確認に関する資料の
ご請求は、こちらのフォームより
送信してください。
お問い合わせ
メール、電話にてお問い合
わせを受付けております。
Tel:03-3484-1300
Mail:art@artdata.co.jp
代理店
ご購入は、こちらの代理店
または、直接弊社までご
連絡ください。
アンケート
その他、ご希望の製品等が
ございましたら、こちらより
お聞かせください。

安否確認サービス

高齢者のひとり暮しを地域でサポートするシステムです。
 ● 高齢者宅にセンサーを設置し、生活習慣を検知します。
 ● 個人での利用だけでなく、企業・地域単位での導入も可能です。
 ● センサーは無拘束で利用できるので、利用者の負担になりません。
 ● 異変が検知され始めると、希望通知先へメールが届きます。(オプション)
 ● ポケット安心電話のように自らボタンを押し、人を呼ぶ機器もあります。


NHK放送の「生活ほっとモーニング」では、冷蔵庫センサーを利用した安否確認システムが取り上げられ多くの反響をいただきました。
薄型離着床マットセンサー/
    体動検知マットセンサー
薄く(3mm)柔らかいマットは、寝具の下に敷いて使います。薄型離着床マットセンサーは、離床・着床が分かります。体動検知マットセンサーは、離床・着床が分かる他に、寝返り等わずかな離床は検知しない機能(誤検知防止機能付)が付いています。夜間に起き上がる体動を早期に検出し、徘徊の早期発見が可能になります。
薄型離着床マットセンサー            体動検知マットセンサー



生活防水型マットセンサー
生活防水型のためトイレの入口、台所の床、ベッドの下、玄関、浴室の入口等、工事不要で設置できます。利用する毎に生活信号として外部へ通報できます。(回数設定も可能です。)
マットセンサー詳細
ドアセンサー
冷蔵庫ドア、居室のドア、トイレのドア、玄関のドアなど日常よく開閉する扉に設置します。ドアセンサーを設置すれば、扉が開閉する毎に外部に知らせることもできます(回数設定も可能です)。
ドアセンサー詳細
人感センサー
赤外線で人の動きを検知します。トイレ内や廊下に設置して、人の動きを外部に信号で知らせることもできます。
ポケット安心電話
ペンダント式のボタン電話を押せば登録した番号へつながり、そのまま会話をすることができる電話です。一般電話回線を利用するので、通話料金は3分約10円程度です。
連絡先は家族やヘルパーさんにします。家族以外に通知先を希望される場合は、通知先への事前承諾を行ってください。安否確認サービスの通知方法は、2コースあります。@見守りコース(安否確認サーバから送られてくるメールでの安否確認)と、A個人間コース(家族など個人間での着信履歴による安否確認)となります。詳しくは、弊社まで資料をご請求ください(Mail、TEL、FAX可)

(通知先例)
1 ) 家族
2 ) 介護施設 (要介護認定のある人)
3 ) ヘルパー・民生員など(近くに知り合いのいない人)


見守りコース(安否確認サーバからのメールで安否確認する場合)

1.あらかじめ普段の生活リズムをもとに個人ごとに設定が可能
2.センサーの利用があると、電波を受信した自動電話コール
      (受信ユニット)が電話回線を通じて安否確認サーバへコール
3.安否確認サーバは、設定時間内に電話がかかってきた回数をカウント
4.あらかじめ設定しておいた回数を超えたり回数が少ないと、
  判断されると登録してある通知先にメールを送信(3か所まで)
5.センサー反応があった日付時間を記録、生活行動日誌を分析して
  送付サービス(希望者)


機器代金(購入またはレンタルから選択。代金はセンサーにより異なります。)の他に、安否確認サーバ利用の場合は、入会金および月会費(6ヶ月毎の更新)が必要になります。詳しい機器代金等の情報は、弊社まで資料請求をお願い致します。


個人間コース(電話の着信履歴で利用状況を確認する場合)

1.センサーの利用がある毎に自動電話コール(受信ユニット)
    電話回線を通じて、登録先直接コール
2.電話のベルを数回鳴らして自動的に電話は切れ、通信料は無料
3.入会金および月会費は不要
4.機器代金のみで気軽にスタート
5.安否確認方法は、携帯電話やナンバーディスプレイの着信履歴を確認
  ※会話型のポケット安心電話は安否確認サーバを介さないこちらの方法になります。

有線方式(例:トイレ用防水型マットセンサー)

有線方式
有線方式 有線方式 有線方式

センサー設置場所と電話線が2〜3m程しか離れていない場合、センサー機器と通信機器(自動電話コール)を直接接続して、センサー信号を受信することができます。

(使用機器)
各種センサー
自動電話コール装置
               
無線方式(センサー設置場所と電話線が離れている場合)

無線方式 無線方式
無線方式 無線方式 無線方式
センサーから送信された電波は、自動電話コールが内蔵された受信ユニットが受信します。
受信ユニットは電話線の近くに設置します。電波を受信した受信ユニットは自動で指定先電話番号にコールします。

(使用機器)
各種センサー
自動電話コール装置 
無線データ送信機(特定小電力型)
無線データ受信機 (特定小電力型)                

安否通知方法
   
既存の一般アナログ電話又は、ISDNの電話回線を利用できるため、安価に設置ができます。→ 受信側はナンバーディスプレイのサービスを利用するため、センサーからの信号の送信、 及び電話コールに関する通信費は一切かかりません。

ひとり暮し宅からの通信料は無料
安否確認方法は、見守りコースと個人間コースから選択
無拘束での安否確認が可能
見守り時間はご希望に合せて設定可能
まずは、資料をご請求ください!!!
Flashによるインタラクティブコンテンツです。マウスを使って、弊社の安否確認がどのようなものか 体感してください。(こちらをご覧になるにはご覧になるにはFlashPlayer6以上が必要です。)
スタートボタンは下にございます。コンセプトと操作方法をお読みになってから開始してください。
●この動画のコンセプト
ひとり暮しのおじいさん。トイレのドアセンサーで、安否確認をしているよ。通常は9時〜12時まで2回トイレに入るおじいさん。あなたの操作で、どのように安否確認がされているか確認してみてね。 トイレに入るには、ドアの上でクリック!さぁ、9時〜12時まで自由におじいさんを動かして安否確認してみよう!
●操作方法
画面内のおじいさんは、マウスの位置の変化に対応し動きます。ただし、おじいさんの家から出ることはできません。

トイレに入るには、ドアの上でクリックしてください。9時〜 12時までのクリックの回数によって結果が変わってきます。 異常が出た場合は、キーボードの半角英数「p」を押しますと日報が出てきます。(出てこない場合は、半角英数になっていることを確かめて画面をクリックした後に「p」を押してください。)

もう一度チャレンジする場合には、キーボードの半角英数「z」を押してください。(戻らない場合は、半角英数になっていることを確かめて画面をクリックした後に「z」を押してください。再読み込みでも戻ります。)
 
 
Copy right ArtData Corp.
トップページ IT介護商品紹介ページ 安否確認申し込みページ グループホーム情報ページ リンクについて 会社概要のページ