−ワインを学ぶ−


・フランス ・ドイツ ・イタリア ・スペイン
・アメリカ ・チリ ・オーストラリア ・南アフリカ共和国
・オーストラリア ・アルゼンチン ・オーストリア ・カナダ
・ギリシャ ・スロバキア ・ニュージーランド ・ハンガリー
・ブラジル ・ブルガリア ・ポルトガル

フランス


フランスのワインは、世界的に見ても生産量、輸出量共にイタリアとトップの座を争っています。平均的に産出するワインの質も高く、名実ともに最高水準にあります。地方ごとに個性のある優れたワインが造られ、多種多様なスタイルのワインが楽しめるのもフランスワインの特徴です。年間消費量にいたっては、水代わりにワインを飲むお国柄のため、世界第1位となっています。主な生産地は、ボルドー地方、ブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方、ロワール地方、コート・デュ・ローヌ地方、アルザス地方、プロヴァンス地方、ラングドック&ルーション地方、南西地方が有名です。


<ボルドー地方>
ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川の3つの川の流域に広がるボルドー地方。AOCワインを95%産出し、フランス全体のAOCワインの約3分の1を占め名醸ワインの産地として有名です。主な生産地は、南部を特にオーメドックといい赤ワインの代表的産地であるメドック地区。なめらかな味わいの赤ワイン、辛口の白ワインを産出するグラーヴ地区。世界的に有名な貴腐ワインが造られるソーテルヌ地区。変化に富んだ土壌により多様な個性のワインが産出されるサンテミリオン地区。土に鉄分が含まれているため、特有の香気を持つ深紅色のワインを造り出す、ポムロール地区が有名です。

<ブルゴーニュ地方>
南北300kmに及ぶので、南と北では気候が大幅に異なります。ブルゴーニュ地方では、複数のドメーヌ(元来は領地の意味ですが、ここではぶどう畑の所有者を指します。)で畑を分割所有しているケースが多く、こういったドメーヌでは栽培、醸造、瓶詰めまでを一貫して行うので同じ畑名でもドメーヌの個性が出ています。主な生産地は、ぶどうの風味が香るフルーティーな赤ワインが産出されるボージョレ地区。シャルドネーから造る新鮮で爽やかなワインが産出されるマコネー地区。ピノ・ノワール主体の口当りのいい赤ワインが産出されるコート・シャロネーズ地区。穏やかな赤ワインと良質な白ワインが産出されるコート・ド・ボーヌ地区。高品質な熟成型赤ワインを産出するコート・ド・ニュイ地区。繊細な辛口白ワインを産出するシャブリ地区が有名です。

<シャンパーニュ地方>
パリの北東150kmに位置しフランスのワイン産地としては最も北にあります。シャンパーニュ地方で造られたスパークリング・ワインだけがシャンパンと名乗れ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネーの3種のみの使用が許されています。シャンパン以外のフランスの発泡性ワインはヴァン・ムスーと呼び、手頃な価格で味わえます。

<ロワール地方>
ロワール川はフランス中央部を流れ全長がフランスで1番長く、ロワール地方は沿岸一帯に位置しています。冬は暖かく夏には太陽のエネルギーを受け、気候にも土壌にも恵まれています。主な生産地は、ぶどうの栽培としては北にあるため霜害に強いミュスカデを栽培しているところが多いナント地区。半数以上をロゼワインが占めるが、白ワインや発泡性ワインも人気があるアンジュー&ソーミュール地区。良質の白ワインや発泡性ワインが造られ、中でもシノン村はロワール地方を代表する赤ワインを産出しているトゥーレーヌ地区が有名です。

<コート・デュ・ローヌ地方>
フランス南東部、ローヌ川流域に沿って南北200kmにわたる地域です。主な生産地は、力強いコクのあるワインを産出する、北部のコート・ロティ地区、クローズ・エルミタージュ地区、エルミタージュ地区、コート・デュ・トリカスタン地区。日照時間の長い南部は、アルコール度の高いスパイシーなワインを産出する、ジゴンダス、シャトーヌフ・デュ・パプが有名です。

<アルザス地方>
フランス北東部、ドイツ国境の近くに位置します。ライン川とヴォージュ山脈に挟まれた南北100kmの地域で栽培されています。ドイツで栽培されている品種を基に、フランス的なワインを醸造するのでドイツワインとは一味違ったワインが造り出され、全体の95%が白ワインです。遅摘み栽培がとられ、ぶどうを充分熟成させてから摘む手法で、濃厚で香り豊かなワインが造り出され人気があります。

<プロヴァンス地方>
マルセイユからニースに至るコート・ダジュール一帯に位置します。主な生産地は、円い谷間にある小さな栽培地で石灰質の土壌からなるパレット地区。小さな港の周りで階段状にぶどう畑が広がる地区で酸味のやわらかい辛口ワインを産出するカシス地区。熟成向きワインを産出するバンドール地区。花などの栽培も多く、花畑に囲まれた小さな栽培地のベル地区が有名です。

<ラングドック&ルーション地方>
地中海南部の沿岸部からスペイン国境にかけて位置します。31万ヘクタール以上に及ぶ世界最大の生産地です。特にラングドック平野は、ぶどう畑の海といった風景を見ることができます。フランスのテーブルワインの3分の1を産出しています。

<南西地方>
ボルドー地方東部からピレネー山麓に至るフランスの南西地域に位置します。ぶどう畑はガロンヌ川及びその支流の流域とピレネー山麓の2つに分かれます。近年ボルドーに似たタイプのワインもガロンヌ川流域では醸造されるようになってきています。主な生産地は、タンニンが多く充分なコクとはっきりした個性を持つ「黒いワイン」を産出しているカオール地区、バスク地区、ベアル地区、ペリゴール地区が有名です。

TOPへ

ドイツ

ドイツのぶどう産地は、北緯47度〜52度の範囲内に位置し、寒冷地のため日照時間が短いです。日本の同緯度近辺では宗谷海峡あたりでぶどう栽培の北限です。ドイツ人らしい知恵やすぐれた技術を応用し、工夫を凝らしています。例えば、昼夜の温度を安定させるため、川に面した南斜面にぶどう畑を造り、川面に反射する日差しの熱を利用など。主な生産地は、力強い味香のワインを産出するラインヘッセン地方。生産量が多く、まろやかでコクのあるワインを造りだすファルツ地方。果実味豊かで、さわやかな酸味のある高級ワインを多く産出するラインガウ地方。強い酸味が特徴のワインを造りだすモーゼル・ザール・ルーヴァー地方が有名です。

TOPへ

イタリア

イタリアは、温暖な地中海性気候に恵まれているので、ほぼ全域でぶどう栽培がされています。長靴のような南北に長いイタリアは地域ごとに気候や土壌が異なり、ワインのタイプも多彩です。主な生産地は、なだらかな丘陵地帯が広がりワインの量産地として知られ、イタリア国内でも高品質ワインの生産と販売で主導的なヴェネト州やアルプス山脈の麓に位置し、イタリアの代表的な赤ワイン用品種ネッビオーロが多く栽培されているピエモンテ州、そして変化に富む丘陵地帯に広がりピエモンテ州と肩をならべる赤ワインの産地トスカーナ州が有名です。

TOPへ

スペイン

スペインは、南国の陽光が降り注ぎぶどう栽培にとって恵まれた国です。生産量は世界第3位ですが、作付け面積は世界第1位です。比較的安価で当りはずれが少なく、安心して買えるワインの1つです。ぶどう品種のガルナーチャ、テンプラニーリョから造られる赤ワイン、辛口で香味のある白ワインを造りだす産地としてエブロ地方のリオハ地区、ナバラ地区、ラ・マンチャ地区。カヴァを産出する北東部、地中海沿岸のカタルーニャ地方。シェリー酒を産出するヘレス地方が有名です。

TOPへ

アメリカ

アメリカは、世界第6位のワイン生産国です。近年ではカリフォルニア州以外でも太平洋岸北西部3州(オレゴン州、ワシントン州、アイダホ集)でもワイン造りが盛んになってきています。主な生産地は、カリフォルニア州のノースコースト地域にあるアメリカ史において中心的なナパヴァレー、高級ワインを多く産出するソノマ。以前はぶどう栽培に適さない地とされていましたが近年色々な技術が導入され、今ではよい条件でぶどう栽培ができるセントラルコースト。南北に長く南の地域は暑い気候と砂漠のような土地で、ぶどう栽培には厳しい条件のなかで可能な土地を選び、栽培を行っているセントラルヴァレー。カリフォルニア州以外では、オレゴン州にある山脈間に広がるヴィラメットヴァレー。白ワインの産出が80%を占めるワシントン州も有名です。

TOPへ

チリ

チリは、南米大陸の西南部に位置して、地中海性気候で海流の影響を受け涼しい海風が吹き、アンデスの雪解け水がぶどう畑を潤し、良質のぶどうを栽培するのに最適な地です。ワイン造りには比較的歴史が浅いですが、近年世界各国で品質のよさと価格の手頃さもあって注目をあびているワインです。主な生産地は、サンティアゴの最も古いワイン産出地域のマイポヴァレー。上質のワインを産出する中部の地域ラペルヴァレー。トップクラスの品質のワインを産出する南部の地域、マウレヴァレーが有名です。

TOPへ

オーストラリア

オーストラリアは、充分な日光と適度な雨量、そして肥沃な土壌というぶどう栽培に恵まれた地で、毎年安定した良質のぶどうの収穫があります。南半球にあるため、ぶどうの収穫期が2月から5月頃となり夏期に新酒が出荷され、サマー・ヌーヴォーとも言われています。今までは手頃に飲めるテーブルワインが主流でしたが、近年はヨーロッパの高級品と肩を並べるものまで生み出し、産出量は世界全体の2%に満たないにもかかわらず人気は急上昇中です。主な生産地は、オーストラリア全体の60%を占めるワイン産出量のサウス・オーストラリア州や、上質のテーブルワインを造りだすヴィクトリア州、特に白ワインを多く造りだすニュー・サウス・ウェールズ州ハンターヴァレーが有名です。

TOPへ

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国は、今までは暖かい、かんがい地域のみで栽培されていましたが、新しく涼しい地域の開発もすすんでいます。荒涼とした岩山の前に広がるぶどう畑は「世界で最も美しいワイン産地」とも言われています。1994年にアパルトヘイトに対する経済制裁が緩和されてから、輸出が激増し国内にだぶついていたワインは品不足となっています。主な生産地は、南部のケープ州にあるステレンボッシュで、世界第5位の規模の醸造所を持っています。

TOPへ

アルゼンチン

アルゼンチンは、豊かな大地とぶどう栽培に適した気候、かんがいシステムの完備など、全体潜在力から注目をあつめ、以前は国内消費中心でしたが、高品質なワインを輸出しつつあります。気候が安定しているのでヴィンテージごとの品質にばらつきが少ないことが特徴です。買ってすぐに飲めるようなものや収穫して5年〜6年が飲み頃のものが多く、特に赤ワインの評価が高いです。主な生産地は、アンデス山脈東側のふもとのメンドーサ地区を中心に白ワインの産地として有望視されているリオ・ネグロ地区が有名です。

TOPへ

オーストリア

オーストリアは、気候は大陸性で降水量が少なく、ドイツに近いため味わいも似ていてフルーティーな白ワインを産出します。白ワインが主となりますが、栽培面積の20%を占める赤ワインも評価を得ています。デザートワインの中には極めて上質なものがあります。首都ウィーンでもぶどう栽培がされ、毎年11月11日はホリイゲと呼ばれる新酒の解禁日です。主な生産地は、東部ウィーン周辺からチェコ、ハンガリー国境にかけてと、ニーダーエステルライヒ地区、ブルゲランド地区が有名です。

TOPへ

カナダ

主な生産地として、太平洋南西部のブリティッシュ・コロンビア州が有名です。カナダのブリティッシュ・コロンビア州は乾燥が厳しく、日中は暑く夜間は涼しい気候です。そのためしっかりとした酸味を留めたフレーバーの強いワインを造りだしています。オンタリオ州は冬が厳しく、時として気候の変動を受けています。

TOPへ

ギリシャ

ギリシャは、地中海性気候で冬は暖かく、夏は乾燥していて、日照時間は年3,000時間程です。海からの風によって作柄が左右されることもあります。砂礫質でやせた土壌ですが、水はけがよいのでぶどう栽培には適しています。また、島々の土壌は火山岩でぶどう栽培は比較的高地で行われています。主な生産地は、北部、中部、西部ギリシャ地区。テッサリア地区、クレタ島、ペロポネソス半島が有名です。特にクレタ島、ペロポネソス半島は全生産量の50%以上を占めています。

TOPへ

スロバキア

スロバキアは、1993年にチェコスロバキアが解体し、スロバキア共和国が樹立されました。民営化と外国から投資によって、これからの発展が期待されています。白ワインは高い評価があり、トカイに隣接する区域ではトカイ風のワインが造られています。

TOPへ

ニュージーランド

ニュージーランドは、世界のワイン産地の中でも、特に温暖で空気が澄んでいると言われています。年間の総生産量は5万キロリットルで、その1部はプレミアム・ワインとして高い評価を得ています。白ワインが主体ですが、評価に価する赤ワインも産出し始めました。他の産地に比べぶどうの熟成期間が長く、熟成または発酵を木の樽で行っているのでより複雑な味わいを持つワインを造りだしています。
主な生産地は、北島のノースランド、ギスボン、ホークスベイ。リースリングによる上質な貴腐ワインを産出している南島のマルボロが有名です。

TOPへ

ハンガリー

ハンガリーは、大陸性気候に近く夏は暑く、冬は寒いです。主要なワイン産地の中では平均気温が10度C〜12度Cと少し低めです。マジャール族(ハンガリー人)が元来好むワインは、どっしりした血の気の多いタイプですが、ワインがハンガリーの主要な輸出品となり西ヨーロッパの資本が入るにつれ、よりヨーロッパ的なワインが産出されるようになりました。主な生産地は、バラトン湖北岸一帯、スロバキア国境に近いトカイ地方、北部のエゲル地方が有名です。特にトカイ地方はフランスのシャトー・ディケム、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼと並ぶ世界三大貴腐ワイン1つ、トカイ・アスー・エッセンシアの産地です。

TOPへ

ブラジル

ブラジルは、新しい品種が植えつけられたことにより、ブラジルのワイン醸造業は活気を呈しています。フランス、イタリア資本が投入され、設備も向上しつつあります。輸出はもちろん国内消費の伸びも期待されています。主な生産地は、アルゼンチン、ウルグアイと隣接するフロンテラ地域です。イタリア風の発泡性ワインを産出するシエラ・ガウシャや、アマゾン、赤道付近で2年間に5回収穫できるレシファ近郊が有名です。

TOPへ

ブルガリア

ブルガリアは、黒海からの影響を受け夏暑く、乾燥する地中海性気候です。栽培面積は約15万ヘクタールです。マヴルトから造られるワインは20年寝かせることができ、この国最良のワインであると言われています。主な生産地は、ドナウ平原地域、ストゥルーナ・ヴァレー地域、黒海沿岸地域、ローズ・ヴァレー地域、トラキア平原地域です。

TOPへ

ポルトガル

ポルトガルは、夏は高温で昼夜の温度差が激しい国です。雨が多いので棚式のぶどう栽培を行っている所もあります。ポルトガルは、ワインのほとんどを国内で消費してしまうので、ポルトガル人が好む辛口の赤ワインを多く産出していましたが、EUの加盟にともない輸出向きの赤ワインも産出するようになりました。主な生産地は、熟成タイプの赤ワインを産出するダン地方や、早飲みタイプの白ワインを産出するヴィニョ・ヴェルテ地方。マディラワインを産出するマディラ島。ポートワインを産出するドウロ地方(ポルト地方ともいいます。)が有名です。

TOPへ