−ワインを学ぶ−




Q.AOCって何?

A.原産地呼称統制と訳されます。フランスでは産地の自然的条件とワイン造りの伝統を重視し、条件を満たしたワインに原産地の名称を名乗ることが認められています。これをAOCといいます。名称にはボルドーなどの地方名がまずあり、次にメドックなどの地区名、その下にポイヤックなどの村名があります。この表示はラベルに記載されています。 これらの基準は地域が絞られるに従って厳しくなっていき、それぞれの基準を満たしたワインがそれぞれ地方名AOC−地区名AOC−村名AOCを名乗ることができます。 尚、ボルドーでは村名ワインまでですが、ブルゴーニュでは畑レベルまでAOCがあります。

Q.ヴァラエタルワインって何?

A.アメリカ、オーストラリア、チリなど一般に新大陸ワインと呼ばれる地域で使用されている品質表示です。これはワインを造るのに使ったぶどう品種のうち、一番多く使用されている品種を表示することによってそのワインの特徴を表わすというものです。 現在アメリカでは75%以上、その品種を使用すればヴァラエタル表記が可能であると規定されています。

Q.シャンパンの泡はどうやって作られた?

A.シャンパンの泡は人工的に炭酸ガスを充填して造られたものではなく、ボトル内で発酵して生まれたものです。タンク内で発酵した原酒に糖分と酵母を加えてボトルの中に詰めると、ワインはボトル内で再発酵します。発酵で生まれた炭酸ガスは行き場を失い、シャンパンの中へ溶け込みます。シャンパンの細かい泡は、液中に溶け込んだガスがやっと外に出たものなのです。

Q.タンニンって何?

A.赤ワインの味に影響を及ぼす成分にタンニンがあります。このタンニンは、ぶどうの種子に含まれていた渋みが溶け出したものであり、ワインに渋みやざらざら感を与えています。この渋みを収斂性ともいいます。このタンニン分はワインの酸化を防ぐので、タンニン分の強いワイン程、熟成に向いているといえます。

Q.ネゴシアンの役割は?シャトーワインとどう違うの?

A.農家から樽でワインを買いブレンドして再販売する詰替えメーカーや、販売会社をネゴシアンと言います。ネゴシアンは、安定した品質のワインをコストをかけず供給します。ワインをブレンド・熟成・瓶詰めする事や、生産者が瓶詰めしたワインを販売することが主な仕事ですが、中にはぶどうを買いつけて自らワインを醸造するところや、自社畑を持っているネゴシアンもあります。

Q.ワインのカロリーってどのくらい?

A.100gあたり赤ワインは約9kcl、白ワイン・ロゼワインは約11kclで、赤ワインがもっとも低くなっています。ワイン自体にはそれほどカロリーがないものの、いっしょに食べる料理のカロリーを気にかけた方がよいでしょう。

Q.ロゼワインはどのように作られるの?

A.主に黒ぶどうを使用し、種子とクキを取り除き破砕します。その後、酵母を加え発酵させます。発酵途中ほのかに色が着き始めた所で圧搾し、ピンク色のついた果汁のみを再び発酵させ作られます。ヨーロッパでは、赤ワインと白ワインを混ぜてロゼワインを作る事を禁じています。

Q.何か変わったワインの飲み方、使い方はありますか?

A.ワインでカクテルを作ってみてはどうですか?特にシェイクする必要もなく軽くかきまぜ、色や香りが楽しめます。自分流の手造りカクテルと出会えるかもしれません。残ったワインは、料理やお菓子作りに使うことができます。ワインには肉を柔らかくする効果があり、半日ほど漬け込むと違いが出てきます。

Q.ワインは心筋梗塞を予防する?

A.先進18ヶ国の心筋梗塞による死亡率で、フランスやイタリアでは古くから死亡者がほとんどいないデータがあり、これはワインをたくさん飲むからだと言われています。しかしこれは、あくまでも統計的な数字によるものです。

Q.ワインにはどんなグラスが合うの?

A.レストランなどでは、ワインの種類やワインの銘柄によってグラスが用意されていますが、家庭ではそうはいきません。赤白両方に使えるようなグラスの条件として、無色透明でシンプルなデザイン。胴部にふくらみがあって、脚の長いもの。欲を言えば、縁が薄く口当りのよいものです。グラスを持つ時はなるべく下の方を持ち、手の体温をワインに伝えないようにしましょう。

Q.ワインラベルに表記されている年号はいつのこと示すのですか?

A.瓶詰めされた年や出荷される年と勘違いされやすいのですが、原料であるぶどうを収穫した年が正解です。ワインの出来がよい年に用いられる「ヴィンテージ・イヤー」は、天候に恵まれたことでより個性的で濃厚な味わいのワインが多く作り出されています。

Q.ワインのふたに使われるコルクの重要性とは?

A.ワインは瓶の中でも熟成が続いています。これは、コルクの効果を発揮するところであり、ゆっくりと空気を取り入れ酸化還元熟成を促し、芳香成分が作られ全体をまろやかにしていく働きもあります。コルクの品質保存はとても重要になってきます。

Q.シャンパンとスパークリングワインの違いは何ですか?

A.シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で特殊な作り方で作られる発泡性ワインのことを言い、スパークリングワインは世界中のワイン生産地で作られる発泡性ワインのことを言います(イタリアではスプマンテ、ドイツではゼクトなど国により呼び名が異なります)。シャンパンは、瓶詰め時に酵母と糖分を加え瓶内で発酵させると、炭酸ガスが生じます。人工的に泡を加えるものではないので、手間と長い月日がかかります。

Q.ワインのラベルは簡単にはがせるのですか?

A.手ではがすのは困難ですが、水に瓶のままつけておけばすぐ取れます。また専用のラベルをはがすシールが売られています。それを使えば容易にはがせます。ワインの細かい内容が書き込めるアルバムとシールがセットになった商品も売られています。自分だけのワインラベルのアルバムも簡単に作ることができます。

TOPへ